So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

京極夏彦■姑獲鳥の夏 魍魎の匣 [書]

京極夏彦■姑獲鳥の夏
京極夏彦■魍魎の匣

6月に書いた『今昔百鬼拾遺 河童』の記事の時に

そういや最後の一言「河童は菅原姓の人には逆らえない」は確か京極堂シリーズの中で確かあった。確か菅原氏が大工として使役した式神を工事が終わった後、川に流したのが河童となった。とシリーズのどこかに載っていたはず・・・。う~ん、思い出せない、さすがにシリーズ全部目を通すとなると、時間が掛かる・・・。まぁ、「鉄鼠の檻」迄サラッと目を通したのですが見つけることが出来ませんでした。探していたらまたこのシリーズ読み直してしまいそうだなぁ・・・。また見つけ次第どこかの記事で報告します。

と書いていたのですが、結局気になって何度目かの京極堂シリーズ読み直しです。

京極夏彦■ 姑獲鳥の夏 魍魎の匣●講談社ノベルズ.jpg


今から25年前の1994年に発行された『姑獲鳥の夏』、そして翌年の1995年発行の『魍魎の匣』です。当時の私は歴史小説にハマっている頃で、発売当時は知らなかった。いつ頃京極夏彦を知ったのか私自身不明なんですが、読み始めた時にはシリーズの何冊かは出ていたと記憶しています。読んですぐにハマり、出ていたシリーズを一挙に読んでしまいました。ハマる要素はたっぷりあった。まず時代設定が終戦直後、テーマに妖怪、ミステリー、そして文章ですね。私は感性の人ではないので、京極節の特徴である、論理的解説、これが大好物なんです。わからない言葉等は調べたりするのが楽しくって、この分厚いシリーズを何度読み返した事か。昔読み始めた頃いつも電車の中で読んでいたので、自分の勤め先の顧客さんに、「電車でよく見かけるけど、いつも分厚い本を真剣な顔で読んでいるので話しかけるのを控えてしまった」と言われてしまいました。『姑獲鳥の夏』がデビュー作、それも初めて書いた小説だと知って衝撃を受けました。京極夏彦さんは私と年齢もそんなに違わない。1963年生まれなので、私より一つ上(学年は2つ上)。それで、この知識量。何なんだ、この人?と思いました。頭の中を見てみたい。どんな脳みそしている?記憶のキャパどんなけあるねん!

この2つの作品は映画化、漫画化もされているし、25年前の作品なので内容は知っている人も沢山いると思います。復習のつもりで書きます。

京極夏彦■1 姑獲鳥の夏●講談社ノベルズ.jpg

まずは『姑獲鳥の夏』小説家・関口巽の視点で描かれています。この精神的に不安定な小説家が巷の噂である20カ月も子供を身籠っている妊婦が居る。この事について学生時代からの友人である古本屋京極堂主人中禅寺秋彦と話がしたくて、京極堂へ赴きます。そして京極堂の座右の銘であり、名台詞の「この世には不思議なことなど何もないのだよ。関口君」から始まる化学、心霊、心理学、神経学、宗教、脳科学、そしてこの話の核である記憶についての会話があり、件の妊婦が雑司ヶ谷の久遠寺医院の娘で失踪した婿が関口、中禅寺の学生時代の友人旧姓・藤野牧朗、現・久遠寺牧朗だという事が判明する。失踪しているのが自分たちの旧友だと分かったので、中禅寺は関口に神保町の探偵・榎木津礼二郎に相談に行けと示唆する。そして翌日関口は中禅寺の妹が勤めている稀譚社に寄り、久遠寺医院には婿が失踪する前にたびたび赤ん坊がいなくなるという事件があると耳にし、その後薔薇十字探偵社へ榎木津礼二郎に会いに行く。そして事の次第を榎木津に説明すると、その日相談に来る依頼人が久遠寺であり、件の妊婦梗子の姉涼子であった。榎木津は依頼内容の詳細を聞くのが苦手なので、関口に依頼人の話を詳しい人間が聞いた方が、話が早い、話が佳境に入った頃に颯爽と登場すると言っていたのに、中々出てこなかった上に、現れた後は依頼人涼子に嘘を吐いている、そして関口の事を見知っていると言い、二人が初対面だと言うと黙って部屋に戻ってしまった。その後考えの纏まらない関口は京極堂に再び寄り、丁度来ていた中禅寺の妹敦子と二人に事の次第を報告した。翌日榎木津、関口、敦子の三人で話の舞台“久遠寺醫院”へ。

ここ迄が序章かな。これ以上はいつもの如く読んでいない方のために書くのは控えます。

次に『魍魎の匣』
京極夏彦■2 魍魎の匣●講談社ノベルズ.jpg

この話、映画や漫画もありましたが、アニメや少し前には舞台もあったようです。映画化の時にも、これ、映像化できるの?どんな作品になるのか想像力貧困な私には想像できませんでした。で、一応映画は見に行きました。小説の方のインパクトが強すぎたせいで、実をいうと映画の内容忘れています。美馬坂幸四郎役が柄本明だったのは覚えています。少し前にWOWOWで放送していたので、録画しましたが、まだ見返していません。映像でも想像できないのに舞台化ってどうなっているのか不思議です。まぁ原作ということで小説ではないのでね、舞台映えするように作られているのだと思います。

この話は話の舞台がいくつかに分かれています。
まず今回の中心人物、探偵・榎木津礼二郎の竹馬の友で、小説家・関口巽の戦争に兵役従事していた時の部下である、刑事・木場修太郎が帰宅途中に遭遇した電車での人身事故。偶然その電車に乗り合わせていただけなのに、夜中であったのと、刑事という職についている為やむをえず事故にあった女子高生・柚木加奈子の友人・楠本頼子の話を聞く羽目になった。事故にあった柚木加奈子が運び込まれた病院へ楠本頼子と派出所の警官福本巡査と同行した木場は病院で、慇懃無礼な弁護士・増岡と、自称加奈子の姉である陽子と会った。陽子は元女優の美波絹子で木場の憧れの女優であった。
二つ目の舞台は小説家・関口巽に単行本出版の話があり、出版社に赴いたときに紹介された新進気鋭の作家久保竣公について。そして帰ろうとしていた所に会った中禅寺敦子から最近巷を騒がせているバラバラの死体発見の続報を聞く。そして帰宅すると「月刊實禄犯罪」の編集者兼カメラマンの鳥口守彦が待っていた。鳥口の目的は刑事の知り合い(木場)がいる関口を同伴して、バラバラ事件の特ダネを取ろうと画策していた。そして関口は成り行きで鳥口とバラバラの足が出たという相模湖に向かう。向かうのはいいが、鳥口には致命的な欠点があり、取り敢えず道を間違える。この道を間違えるのが原因で2つの舞台が垣間見えます。一つは迷って何度も回った三鷹にある「穢封じ御筥様」の話、そして二つ目は直撃したにも拘らず撃沈した取材の帰り道偶然遭遇した中禅寺敦子を乗せまたもや道に迷い込んだ先は袋小路になっており、その先にあった箱館(はこの様なやかた)「美馬坂近代醫學研究所」、そこにはなぜか木場修太郎がいた。
この話は私から見ると、木場と楠本頼子の会話、木場と柚木陽子の関係、久保竣公の作品と行動、穢封じ御筥様、美作近代醫學研究所、5つの舞台がそれぞれ少しずつリンクしています。もう少し内容を書きたいところですが、書き進むと読む楽しみがなくなりそうなので、この辺で切り上げます。


姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: 新書



魍魎の匣 (講談社ノベルス)

魍魎の匣 (講談社ノベルス)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/01/05
  • メディア: 新書



話は変わりますが、京極本、分厚いのでブックカバーが合わないという問題があるのです。合うものがないなら、作る主義の私はブックカバー作りました。


ブックカバー↓


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

映画■ザ・ファブル [映画]

映画■ザ・ファブル
監督:江口カン 主演:岡田准一

映画■ザファブル-4.jpg


映画・ザ・ファブル公式サイト→http://the-fable-movie.jp/

2月に漫画の方を紹介しましたが、映画観てきました。それも2回。元々友達も観たいと言っていたのですが、私が7月の初めは仕事が忙しく休みが合わないかなぁ?と思い公開初日が休みだったので、先に観に行ってしまいました。で、後日友達と休みが合ったので一緒に観に行きました。

内容としては、1巻~7巻の狂犬・小島(柳楽優弥)を中心の話です。映画なので真黒組を真黒カンパニーにし、組長→会長(光石研)、若頭・海老原→社長(安田顕)に置き換えていました。漫画7巻分を2時間に纏めるので、細かい所は華やかな映像に置き換えていましたが、漫画のイメージを捉えた映像でカッコよかったです。冒頭の休業前のファブル・アキラ(岡田准一)の映像も派手に華やかに登場し、アキラの特性をバッチリ映し出していました。1年間の休業に入り大阪に移ったアキラのプロとしての普通が岡田くんの無表情と脱力感でユーモア溢れた佇まいが殺し屋モードとのギャップが漫画そのものでしたねぇ。見る前は原作に比べみんなイケメンになっているので、どうかなぁ?というのもありましたが、俳優陣が演技派揃いだったので、漫画の世界観も崩れていなかったと私は感じました(人により漫画への思い入れがあるとは思いますが)。相棒のヨウコ(木村文乃)とボス(佐藤浩市)は見た目も似ていた。義理人情派の海老原も安田顕が小島への思いを人情感たっぷりに演じていました。小島役の柳楽優弥も危険度満載であの表情は柳楽くんの顔だからこそ出た雰囲気だと思いました。向井理くんも今までにない悪役を振り切って演じていたのが新鮮で良かった。佐藤二郎は相変わらず癒し担当でしたね。

ザ・ファブル■映画●3.jpg


そして岡田くん、元々私は岡田くんの『SP』を見てからのファンだったので、岡田くんのアクションは大好物なんです。元々運動神経もいいし、小柄特有の動きの速さを持っている上に、『SP』の時に比べ格闘技も師範レベルになっているので、アクションもパワーアップしていました。動きの速いアキラの役には岡田くん以外考えられません。実写であの速さって、本当、私レベルの動体視力じゃ見逃してしまいます。他の人の動きも一緒に映っているので、早送りではないのがわかります。安田顕が妄想(シミュレーション)シーンの撮影時に「テーブルを挟んで向かいに居てたはずの岡田くんが、スタートの声が掛かったと思ったら、もう目の前に居てた。」と、どこかのインタビューで言っていました。気の毒だと思ったのが、岡田くんがスタントを使わないので、柳楽くんが高所恐怖症なのに、高い所から落ちる撮影を本人が演じ、何度もしてキレそうになっていた。との事。
後これもどこかのインタビューで岡田くんが言っていたのですが、海外のアクション映画に比べ日本はアクション映画の環境がまだまだなので、派手なセット等が組めないため、闘うシーンは人海戦術になっている。と。その人海戦術が返って海外アクション映画と違う良さが出ていたと思います。小島(柳楽優弥)を引きずりながら闘うシーンは面白くも圧巻でした。
続編はあるのかなぁ?あるのなら、早くしないと岡田くんも年齢的に無理が出てくるよぉ。漫画のアキラの年齢は28歳だけど、岡田くん38歳で演じましたから。今年39歳になっちまいます。

映画■ザファブル-2.jpg


これ、映画のパンフレットですが、表紙から、カッコいいい。中身も他のパンフレットより、読みがいがありました。
私がこの記事を書くまでに2つのアクションの賞を受賞しています。

■第19回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭(スイス))
-Best Asian Film Award

■第23回ファンタジア国際映画祭(カナダ)
−Best Action Film

おめでとうございます。

DVD、出たら必ず買います!!

予告動画
ドラマチック編→https://youtu.be/gcfeQLToRiw
主題歌予告動画→https://youtu.be/AVgWljJL_kU

nice!(0)  コメント(0) 
前の2件 | -