So-net無料ブログ作成

葛飾北斎 応為、そして渓斎英泉 [書]

■葛飾 北斎(かつしか ほくさい、葛飾 北齋)
宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)は、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。→wiki

■葛飾 応為(かつしか おうい、生没年不詳)
江戸時代後期の浮世絵師。葛飾北斎の三女。応為は号(画号)で、名は栄(えい)と言い、お栄(おえい、阿栄、應栄とも)、栄女(えいじょ)。→wiki

先日NHKのドラマで朝井まかて原作の『眩(くらら)~北斎の娘』が放送されました。


番組サイトは→★http://www.nhk.or.jp/dsp/kurara/

■眩-北斎の娘-2.jpg


お栄(応為)役に宮崎あおい父親の北斎役に長塚京三、善次郎(渓斎英泉)役に松田龍平。母親の小兎役に余貴美子、滝沢馬琴役に野田秀樹。
原作も読みました。

朝井まかて■眩-北斎の娘-2.jpg


ドラマや映画になると別物になる事もよくありますが、このドラマは別物の感じはなかったです。個人的な意見としては、お栄役の宮崎あおいちゃんは、ちょっと線が細いというか、可愛すぎたかな?ま、実際細いし可愛いんですけど。私の持っていたお栄のイメージがもう少し逞しく、べらんめぇな江戸っ子のイメージだったからかもしれません。どちらかと言えば長澤まさみちゃんの方が私のイメージには近かったかもしれません。長塚京三さん、松田龍平さんはバッチリイメージ通りでした。

過去にお栄こと、葛飾応為はこのブログにも2回程登場しています。
『三曲合奏図』
葛飾応為 三曲合奏図-2.jpg


『唐獅子図』(唐獅子が北斎、周りの牡丹が応為)

葛飾北斎 唐獅子図.jpg


この話で登場した善次郎こと渓斎英泉も絵師だったので、今回は英泉も。
『芸妓図』(江戸の誘惑●ボストン美術館)より
渓斎英泉■芸妓図■江戸の誘惑-2.jpg


上の絵は肉筆画です。
浮世絵の渓斎英泉の本も持っているのですが、春画なので、ここで載せるにはちょいと躊躇していまいました。渓斎英泉の女の人には結構特徴があります。面長な顔、下唇の目立つ受け口、唇の色も緑かかった赤が色っぽいというか、婀娜っぽい。
ドラマの英泉役の松田龍平、カッコよかったですねぇ。

長塚京三さんの北斎もすごかったですね。迫力満点でした。

以前北斎の肉筆画が見たくて珍しく遠出迄して見に行った作品
『鳳凰図屏風』
北斎■新聞コピー1.jpg


これ、一部なんですよね。屏風ですので、横長です。
葛飾北斎■鳳凰図屏風■2006年-江戸の誘惑●ボストン美術館-2.jpg


図録の見開きなので、スキャンはできず、写真ですが。
他、色々と迫力のある作品ばかりでした。こんな幟もありましたね。
『朱鍾馗図幟』

朱鍾馗図幟.jpg


で、ドラマでも絶筆のシーンありました。北斎の絶筆、
『富士越龍図』
葛飾北斎■富士越龍図■北斎肉筆画の世界-2.jpg



で、北斎展が今週の金曜日10月6日からあべのハルカスで開催されます。
web■北斎フライヤー-1-1.jpg


北斎展フライヤー■1.jpg


北斎-富士を超えて-

■期間:2017年10月6日(金)~11月19日(日)
    前期:10月6日(金)~10月29日(日)
    後期:11月1日(水)~11月19日(日)
■会場:あべのハルカス美術館
    〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
■休館日:10月10日(火)、16日(月)、23日(月)、30日(月)、31日(火)
■開館時間:月・土・日・祝/午前10時~午後6時
     火~金/午前10時~午後8時
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで

職場から一番近い美術館で開催するので、一応初日に見に行こうかと計画しています。その日は早番なので、順調に仕事が終われたら、必ず行きます。



眩

  • 作者: 朝井 まかて
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Allen Toussaint [音]

2017.09.14■Allen-Tossaint-3.jpg


■アラン・トゥーサン (Allen Toussaint )
1938年1月14日生まれの 米国ルイジアナ州ニューオーリンズのピアニストであり歌手、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー。
2015年11月10日、マドリッドでのコンサートの後に心臓発作にて死去(享年77)。

私がブログ放置中に大好きなAllen Toussaintが亡くなってしまいました。
アラン・トゥサンはピアニストだけでなくプロデューサーとして、色々なミュージシャンとも関わっております。
詳しくは → Wikipediaへ

2007年にビルボードライブ大阪に来た時に見に行った事はあります。その後もう一度見に行こうとしたんですが、電車が止まる程の台風が大阪にきていたため、梅田から我が家のある泉佐野迄帰れそうにないので、泣く泣く諦めて帰ったんですよね。その時かなり悩んだんですよ、なんせアラン・トゥサンは70代なので、今後来日するかどうかわからないよなぁ・・・と。今でも後悔してます(泣)
見たのは10年前ですが、今でも鮮明に覚えています。ステージにピアノがドーンと置いていたので、鍵盤が見え、後ろから指の動きが見える位置に座って見ました。アラン・トゥサンは大柄な人なので、ピアノが小さく見える程。あんな軽やかにピアノを弾く人は忘れません。
エルヴィス・コステロとの共作の「The River In Reverse」出した後でその中のアラン・トゥサンがメインヴォーカルをとっている「Who’s Gonna Help Brother Get Further?」のカッコよさ。ピアノも素晴らしいけど、声もいいんですよねぇ。新旧おり交ぜての演奏でした。
2015年に亡くなった時、TwitterにAllen Toussaintの名前を見た時は、あぁ、亡くなってしまったか・・・と思ってしまいました。スペインのLiveが終わった後心臓発作だったそうです。アラン・トゥサンらしい、最後までLiveもこなせる元気な70代のミュージシャンでした。

一番有名なアルバム「Southern Nights」
https://youtu.be/mQ-rcIp7Wmk

■アルバム
1958年 The Wild Sound of New Orleans
1970年 From a Whisper to a Scream
1972年 Life, Love and Faith
1975年 Southern Nights
1978年 Motion
1996年 Connected
2004年 Allen Toussaint's Jazzity Project/Going Places
2006年 The River In Reverse ※エルヴィス・コステロとの共作
2009年 The Bright Mississippi
2013年 Songbook
2016年 American Tunes


The Wild Sound Of New Orleans ~The Complete Tousan Sessions~

The Wild Sound Of New Orleans ~The Complete Tousan Sessions~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bear Family
  • 発売日: 1994/06/28
  • メディア: CD





From a Whisper to a Scream

From a Whisper to a Scream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Kent Records UK
  • 発売日: 1995/11/20
  • メディア: CD




ライフ・ラヴ&フェイス

ライフ・ラヴ&フェイス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD





サザン・ナイツ

サザン・ナイツ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD





モーション

モーション

  • アーティスト: アラン・トゥーサン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/14
  • メディア: CD




Connected

Connected

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Nyno
  • 発売日: 1996/05/07
  • メディア: CD




ザ・リヴァー・イン・リヴァース(初回生産限定盤)(DVD付)

ザ・リヴァー・イン・リヴァース(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/05/27
  • メディア: CD




Songbook

Songbook

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rounder / Umgd
  • 発売日: 2013/09/24
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。