So-net無料ブログ作成

steve reich [音]

■スティーヴ・ライヒ(Steve Reich, 1936年10月3日 - )は、ミニマル・ミュージックを代表するアメリカの作曲家。母は女優のジューン・キャロル(英語版)(旧姓・シルマン)。異父弟に作家のジョナサン・キャロル。→wiki


高校生の頃坂本龍一がNHKFMでやっていた「sound street」という番組で、初めてステーヴ・ライヒを聞いた。曲は「Music for a Large Ensemble」。その頃CDもなくエアチェックでカセットに落とし、延々と聞いていました。(残念なのは、曲の最後の方で坂本龍一が何か挨拶をボソボソ喋って入ってしまっていたけど。)高校生の頃は行動範囲もまだまだ狭く、レコードは欲しいけどみつけられなかったんだよなぁ。確か仕事をしだして間なしの頃に、仕事場の上の階に“キング・コング”というレコードショップが入って、そこでレコードをみつけて即買いした記憶があります。

ミニマル・ミュージックという同じメロディを反復していくのをベースに、ちょっとずつ変化していく音楽なので、好き嫌いがあります。ストリングス、マリンバ、ピアノ、ドラム、クラッピング(手拍子)それぞれの楽器を題材として延々と繰り返される音楽は私には心地よくCDを買い集めてしまっています。特にストリングスとピアノは大好きで今回はピアノを紹介。


stve-reich■piano-2.jpg


stve-reich■early-works.jpg
   

「piano phase」
1967年の作品。『EARLY WORKS』の2曲目に入っています。ピアノの反響がすごく綺麗でいて、なぜか頭の側頭部にキンキンと響く曲です。ちなみに私の電話の着信音に設定しています。

https://youtu.be/7P_9hDzG1i0

https://youtu.be/i0345c6zNfM

リミックスもあります。

stve-reich■reich-remix.jpg


https://youtu.be/3h1rQUu0Fio

リミックスは他の楽器も加えられて幻想的なアレンジになっています。


stve-reich■radio-rewrite.jpg


「piano counterpoint」
Counterpointのシリーズは1982年以降に色んな楽器でしている様子。『radio rewrite』の4曲目。「piano phase」に比べると優しいイメージ。爽やかとまではいかないけれど。やはり延々と聞いていると頭に響くが、春眠を誘う感じかなぁ。リズミカルな低音もあるからかもしれない。

https://youtu.be/4xUAjsah-zQ


stve-reich■six-pianos.jpg


「six pianos」
1973年の作品。『six pianos』の1曲目。6人のドイツ人コンテンポラリー・ピアニストが演奏しています。6人別々に録音し、編集したようです。ドイツのピアニストなので、詳しい事はわかりませんが、調べるとかなり有名な方を集結させて作った強力な作品のようです。音の重なり具合が心地良く、中毒性のある曲です。

https://youtu.be/edKE10Yz_zs


代表曲
『イッツ・ゴナ・レイン(英語版)』It's Gonna Rain(1965)
『カム・アウト(英語版)』Come Out(1966)
『リード・フェイズ(英語版)』Reed Phase(1966)
『ピアノ・フェイズ』Piano Phase(1967)
『ヴァイオリン・フェイズ』Violin Phase(1967)
『振り子の音楽(英語版)』Pendulum Music(1968)
『4台のオルガン』Four Organs(1970)
『フェイズ・パターンズ』Phase Patterns(1970)
『ドラミング (曲)(英語版)』Drumming(1971)
『手拍子の音楽(英語版)』Clapping Music(1972)
『木片の音楽』Music for Peices of Wood(1973)
『6台のピアノ』Six Pianos(1973)
『マレット楽器、声およびオルガンのための音楽』Music for Mallet Instruments, Voices and Organ(1973)
『18人の音楽家のための音楽』Music for 18 Musicians(1974-76)
『大アンサンブルのための音楽』Music for a Large Ensemble(1978)
『八重奏曲』Octet(1979) - のちに『エイト・ラインズ(英語版)』Eight Lines(1983)としてリアレンジ
『管楽器、弦楽器と鍵盤楽器のためのヴァリエーション』Variations for Winds, Strings and Keyboards(1980)
『テヒリーム』Tehillim(1981)
『ヴァーモント・カウンターポイント(英語版)』Vermont Counterpoint(1982)
『砂漠の音楽(英語版)』 The Desert Music(1984)
『六重奏曲(英語版)』 Sextet(1985)
『ニューヨーク・カウンターポイント』Newyork Counterpoint(1985)
『オーケストラのための3つの楽章』 Three Movements for orchestra(1986)
『6台のマリンバ』Six Marimbas(1986) - 『6台のピアノ』のリアレンジ
『エレクトリック・カウンターポイント(フランス語版)』Electric Counterpoint(1987)
『ディファレント・トレインズ』Different Trains(1988)
『ザ・ケイヴ』The Cave(1993)
『シティ・ライフ』City Life(1994)
『プロヴァーブ』Proverb(1995)
『トリプル・クァルテット』Triple Quartet(1998)
『スリー・テイルズ』Three Tales(1998-2002)
『チェロ・カウンターポイント(英語版)』Cello Counterpoint(2003)
『ユー・アー』 You Are (Variations)(2004)
『ヴィブラフォン、ピアノ、弦楽器のためのヴァリエーションズ』 Variations for Vibes, Pianos,& Strings(2005)
『ダニエル・ヴァリエーションズ』 Daniel Variations(2006)
『ダブル・セクステット(フランス語版)』 Double Sextet(2007)
『2x5』2x5(2008)
『マレット・クァルテット』Mallet Quartet(2009)
『WTC 9/11(英語版)』WTC 9/11(2011)
『レディオ・リライト(英語版)』Radio Rewrite(2012)
『クァルテット』Quartet(2013)
『パルス』Pulse(2015)
『ランナー』Runner(2016)

日本ではライヒと読むのでドイツのミュージシャンだと思い込んでいたら、アメリカの作曲家だった。ドイツ系なので完全なる間違いではなかったみたいですけど。日本でも何度かライブをしたみたいですが、私の情報不足で見に行った事はないです。日本の評価は高くなかったとどこかの記事で読んだ事はあります。(なんで??と思いましたが)私の母と同じ年なので、かなりの高齢です。今後来日するかわかりませんが、見に行けるのなら見に行きたいです。




スティーヴ・ライヒ:アーリー・ワークス(1965-1972)

スティーヴ・ライヒ:アーリー・ワークス(1965-1972)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/01/23
  • メディア: CD





Radio Rewrite

Radio Rewrite

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Nonesuch
  • 発売日: 2014/10/07
  • メディア: CD




Steve Reich: Six Pianos/Terry Riley:Keyboard Study #1

Steve Reich: Six Pianos/Terry Riley:Keyboard Study #1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: FILM
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: CD





Reich: Octet / Music for a Large Ensemble / Violin Phase

Reich: Octet / Music for a Large Ensemble / Violin Phase

  • アーティスト: Steve Reich
  • 出版社/メーカー: Ecm Records
  • 発売日: 2000/04/18
  • メディア: CD



Reich Remixed

Reich Remixed

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wea/Atlantic/Nonesuch
  • 発売日: 1999/03/02
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 

Allen Toussaint [音]

2017.09.14■Allen-Tossaint-3.jpg


■アラン・トゥーサン (Allen Toussaint )
1938年1月14日生まれの 米国ルイジアナ州ニューオーリンズのピアニストであり歌手、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー。
2015年11月10日、マドリッドでのコンサートの後に心臓発作にて死去(享年77)。

私がブログ放置中に大好きなAllen Toussaintが亡くなってしまいました。
アラン・トゥサンはピアニストだけでなくプロデューサーとして、色々なミュージシャンとも関わっております。
詳しくは → Wikipediaへ

2007年にビルボードライブ大阪に来た時に見に行った事はあります。その後もう一度見に行こうとしたんですが、電車が止まる程の台風が大阪にきていたため、梅田から我が家のある泉佐野迄帰れそうにないので、泣く泣く諦めて帰ったんですよね。その時かなり悩んだんですよ、なんせアラン・トゥサンは70代なので、今後来日するかどうかわからないよなぁ・・・と。今でも後悔してます(泣)
見たのは10年前ですが、今でも鮮明に覚えています。ステージにピアノがドーンと置いていたので、鍵盤が見え、後ろから指の動きが見える位置に座って見ました。アラン・トゥサンは大柄な人なので、ピアノが小さく見える程。あんな軽やかにピアノを弾く人は忘れません。
エルヴィス・コステロとの共作の「The River In Reverse」出した後でその中のアラン・トゥサンがメインヴォーカルをとっている「Who’s Gonna Help Brother Get Further?」のカッコよさ。ピアノも素晴らしいけど、声もいいんですよねぇ。新旧おり交ぜての演奏でした。
2015年に亡くなった時、TwitterにAllen Toussaintの名前を見た時は、あぁ、亡くなってしまったか・・・と思ってしまいました。スペインのLiveが終わった後心臓発作だったそうです。アラン・トゥサンらしい、最後までLiveもこなせる元気な70代のミュージシャンでした。

一番有名なアルバム「Southern Nights」
https://youtu.be/mQ-rcIp7Wmk

■アルバム
1958年 The Wild Sound of New Orleans
1970年 From a Whisper to a Scream
1972年 Life, Love and Faith
1975年 Southern Nights
1978年 Motion
1996年 Connected
2004年 Allen Toussaint's Jazzity Project/Going Places
2006年 The River In Reverse ※エルヴィス・コステロとの共作
2009年 The Bright Mississippi
2013年 Songbook
2016年 American Tunes


The Wild Sound Of New Orleans ~The Complete Tousan Sessions~

The Wild Sound Of New Orleans ~The Complete Tousan Sessions~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bear Family
  • 発売日: 1994/06/28
  • メディア: CD





From a Whisper to a Scream

From a Whisper to a Scream

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Kent Records UK
  • 発売日: 1995/11/20
  • メディア: CD




ライフ・ラヴ&フェイス

ライフ・ラヴ&フェイス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD





サザン・ナイツ

サザン・ナイツ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD





モーション

モーション

  • アーティスト: アラン・トゥーサン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/09/14
  • メディア: CD




Connected

Connected

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Nyno
  • 発売日: 1996/05/07
  • メディア: CD




ザ・リヴァー・イン・リヴァース(初回生産限定盤)(DVD付)

ザ・リヴァー・イン・リヴァース(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/05/27
  • メディア: CD




Songbook

Songbook

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rounder / Umgd
  • 発売日: 2013/09/24
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 

懐かしい♪ [音]

ほとんど季刊ブログになってしまってます。

夏の間「私って多汗症??」ってくらい汗かいてたんだけど、
今週に入ったとたん、寒がりな体にスイッチがはいったように、
汗、止まりました。
多汗症じゃなかったんだ・・・。
ま、私の部屋、クーラーという近代装置がないので扇風機だけなので。

涼しくなり、PCの前で汗だくで入力しなくてよくなったので、
最近買った懐かしいCDでも・・・

中学2年の時に大ファンだったんですよ。
坂本龍一のファンになる前、ききまくってました。
で、LPは持っているんですが、姉家族が戻ってきた時に
レコードプレイヤーの置き場所に困って、線抜いたままなので、聴けまへん。
しゃーないので、CD買いました。
私と同年代の方は絶対に知ってます。

ヒントは


Steveって何の役?.jpg


今聴いても新鮮~( ̄。 ̄)


坂本龍一見てきたよ~ヽ( ´ー`)ノ [音]

今回は行って来ました。
春に行き損ねた、例のアレ。




坂本龍一■コンサートハガキ.JPG



昨日、12月19日 イオン化粧品シアターBRAVA!にて、

『ryuichi sakamoto playing the piano featuring taeko onuki』



先行予約でチケットGETしたぜ(* ̄∀ ̄)"b"


Not A Planet/DON ALDER [音]

いつも日曜日の朝、「グッと!地球便」ってTVを見てるんです。
この番組、日本に住んでいる親より海外で仕事をしている子供の様子を録画してき、
その子供に贈り物を届ける。という番組。
色んな国で色んな仕事に就いてる人達を紹介するので、
すごく刺激になるし、結構好きなんですよ。
で、先週の日曜日(2009年6月14日)は日本でも有名なギター職人の方から
カナダで同じギター職人になった息子さん(川上祐介さん)を紹介してた。
私は職人に憧れがある上に楽器作りなんて憧れ中の憧れですな。(ギターの事は全くわかりまへんが・・)
で、その川上祐介さんの所に試し弾きにギタリストの方が来られてたのね。
数秒だったんだけど、すごくカッコ良かった。
で、名前を覚えておき、ネットで検索。(今って、便利な時代ですなぁ)

DON ALDER



数秒しか聞けなかったので調べましたよん(σ ̄ー ̄)σ


Out Of nOise/坂本龍一 [音]

私が崇拝している坂本龍一が新しくCDを発売しました。
その少し前に自叙伝まで・・





坂本龍一■Out Of nOise.jpg 坂本龍一■音楽は自由にする.jpg






私は大変気に入りました(* ̄- ̄)


il||li _| ̄|○ il||li [音]

3月の27日、28日は大阪サンケイホールブリーゼにて、
坂本龍一のピアノコンサートがある。

当然私の神様ですので、行くつもり満々。



完売のため・・・・買えまへんでした。



il||li _| ̄|○ il||li









(ノ ̄0 ̄)ノ誰かーーー


PENGUIN CAFE ORCHESTRA [音]

珍しく、連日更新。
昨日のロバート・ワイアットを聴いていたら、これも、聴きたくなったので。

 

まだまだ寒いんだけど、春を感じられる音楽。

続きを読む


comicopera/robertwyatt [音]

今日は珍しく新譜の紹介。

音楽ブログのネットサーフィンをしていた時
懐かしい人が新譜を出した事を知り、アマゾンで購入~。

Comicopera

Comicopera

  • アーティスト: Robert Wyatt
  • 出版社/メーカー: Domino
  • 発売日: 2007/10/09
  • メディア: CD

続きを読む


アラン・トゥーサン at ビルボードライブ大阪 [音]

先日、「年内に何か観に行きたいな~」っと思い、
ネットでチケット情報を検索。
いきなり1ページ目で・・・観たいのがーーー!!

んで、18日(木)に行ってまいりました。
  

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。