So-net無料ブログ作成
検索選択

八犬伝 [書]

小学生の頃、爺ちゃんが楽しみに見ていた番組を横で見ていた為印象に残っていたのが、

       

その当時NHKで人形劇がやっており、子供なのでわからないなりに見ていたんよなぁ。
元々の原作は 曲亭馬琴
今も、結構その番組を憶えている方が多いみたい。
どんな番組か知りたい方は → 『新八犬伝をもう一度見ようよ!』
どうも印象が強いのに、子供だったから、話の内容を憶えていない。
で、気になるので読みたい。
色々本を買ってみた。
最初に買ってみたのが、

現代語訳 南総里見八犬伝 上 (河出文庫)

現代語訳 南総里見八犬伝 上 (河出文庫)

現代語訳 南総里見八犬伝 下 (河出文庫)

現代語訳 南総里見八犬伝 下 (河出文庫)

  • 作者: 曲亭馬琴
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2003/02/05
  • メディア: 文庫

これ、実を言うと下巻の半分くらいで断念してる・・。
なので最近読みやすいのはないかと買いなおし。

山手樹一郎長編時代小説全集 12 (12)

山手樹一郎長編時代小説全集 12 (12)

  • 作者: 山手 樹一郎
  • 出版社/メーカー: 春陽堂書店
  • 発売日: 1977/12
  • メディア: 文庫
こちらは上のと同様、堅め。
八犬伝(上)―山田風太郎傑作大全〈20〉

八犬伝(上)―山田風太郎傑作大全〈20〉

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 文庫
八犬伝(下)―山田風太郎傑作大全〈21〉 (広済堂文庫)

八犬伝(下)―山田風太郎傑作大全〈21〉 (広済堂文庫)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 1998/03
  • メディア: 文庫

こちらの山田風太郎さんのは“実の世界”と“虚の世界”と交互に入り、
八犬伝の物語の間に曲亭馬琴の生活を書いています。
曲亭馬琴という方はすごい有名な堅物だったらしく、その堅物ぶりがおもしろい。
その堅物と自由奔放で有名な葛飾北斎と対比というか交流しており、
それがものすごくいい味になってる。
実際『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき) 』という作品の挿絵は葛飾北斎
物語の中では馬琴は八犬伝の挿絵を北斎に描いて欲しかったようだが、
北斎は自分の娘婿に描かせたい。
なので、馬琴は自分が作った物語を北斎に聞いてもらい、
インスピレーションでその話の絵をいくつか走り書きを描いてもらう。
ものすごく馬琴はその走り書きのような作品を欲するが、
北斎は惜しげもなく破り捨てる。(娘婿に影響を与えないように)
何年か毎に、飄々と現れる北斎の絵に刺激されながら、
28年かかって八犬伝を書き上げる。という物語。
個人的に山田風太郎さんの作品がおもしろかった。
北斎が好きなのでどうもその影響もあったのかな?
山田風太郎さんは他にも

八犬伝〈上〉 (朝日文庫)

八犬伝〈上〉 (朝日文庫)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1986/03
  • メディア: 文庫

八犬伝〈下〉 (1983年)

八犬伝〈下〉 (1983年)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1983/11
  • メディア: -
忍法八犬伝 (1964年)

忍法八犬伝 (1964年)

  • 作者: 山田 風太郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1964
  • メディア: -

これらを出しているようなので、みつけたら、読もうかな。
朝日新聞社のは私が読んだ内容と同じなのかな?
『八犬傳』と『八犬伝』、でんの字が違っているからどうなのかしら??
お得意の忍法シリーズもあるし。

これらを読んで、もう一度NHKの人形劇を見たいと思ったんだけど、
当時の映像はNHKに残されていないみたい。
なので再放送はない。

あ~残念だわ。




nice!(3)  コメント(14)  トラックバック(3) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 14

humanite

家を買った所が里見八犬伝で有名な富山町でした。なので何となくコメントをしてしまいました~
http://www.awa.or.jp/home/tomiyama/

機会があったら観光してみてください~♪
by humanite (2007-10-28 14:02) 

モバサム41

華龍さん、お久し振りです。
お元気で何よりです。
八犬伝のTBありがとうございます。
お礼にTB三倍返ししておきますね(笑)
よろしくお願いします。
by モバサム41 (2007-10-28 21:21) 

華龍

☆humaniteさ~ん
コメントありがとうございます。
お家を買った所が八犬伝の町だったんですか?
これから、八犬伝に触れていくのも楽しそうですね。
近ければヒョコっと観光に行きたいんですが・・・いかんせん・・・遠いっす。貼っていただいたリンク先のサイトは見てきました。有難うございます。今後の参考にさせていただきます(:D)┓ペコリ

☆モバサムさ~ん。
モバサムさんもお元気でなによりですぅ。
TB承認ありがとうございます(:D)┓ペコリ
(⌒▽⌒)アハハ!3倍返しになってる~。私も後2つTBさせていただきま~~す。
by 華龍 (2007-10-28 22:51) 

nicolas

なつかしーー♪
「仁智礼知中心考テイ、いざとなったら玉をだせぇー♪」
漢字がうろ覚えで、全部書けていませんが・・・(-ω-;)

ジュザブローの人形も、実物はかなり大きくて、
2人以上で操っていたそうですよね。
この舞台となった土地が千葉の富浦近辺で、
なんか資料館あったんですが、なかなか寄れないでいます。
本もじっくり読んだら違うかもねぇー
by nicolas (2007-10-29 13:19) 

華龍

☆にこちゅあ~ん
お、にこちゃんも見てたクチですな。
あれと『ひょっこりひょうたん島』はみんな憶えてるよねぇ。
にこちゃん、おっしぃ~
仁智礼義忠信孝悌でした~。
にこちゃんは関東なので、資料館も見に行けますなぁ。
また、懐かしい気分で読んでみるのもいいっすよ~。
ジュサブローの人形もすごいですもんねぇ。
またみてみたいんだけど・・・残念だわぁ。
by 華龍 (2007-10-29 23:09) 

マコちん

人形劇、私も見てた~!
でも、楽しんで見てたって言うより、他に見るのが無くて見てたような・・・・・
しかし、八犬伝だけでこんなに種類があるのかい?
オラ、プリンプリン物語も覚えてるだよ。って関係ないか(>_<)
by マコちん (2007-11-01 18:16) 

華龍

☆マコち~~ん
お、マコちんも見てたっすか。
そうだな、あの頃って選べるほど色んな番組なかったような。みんな同じ番組見てたよなぁ~。前の晩のTVの話題なんか、誰にでも通じておもしろかった~。
八犬伝は色んな人が書いてるから、よりどりみどりでっせ~。↓にモバサムさんのTBがあるので、覗きにいってみて。私のと違うのを載せてるで~。
ん?プリンプリン物語は、名前は知ってるけど内容がわからん~~~。いつ頃やってたん??
by 華龍 (2007-11-01 23:02) 

マコちん

プリンプリン物語は、私が中3くらいの頃だったと思うよ~!
プリンプリンの声が、アレ?何だっけ?
「好きだったのよ、貴方、胸の奥でずっと~♪」って歌ってた人だった!
by マコちん (2007-11-03 00:25) 

華龍

☆マコち~ん
返事遅くってすんまへ~~ん(:D)┓ペコリ
ほほーマコちんが中3の頃ってことは・・・私がムニャムニャな年でんな。う~ん見てなかったな~。誰か見てたか友達に聞いてみよ~っと。
by 華龍 (2007-11-05 23:37) 

yubeshi

読みやすい現代語訳があったら挑戦してみようかな。
と、言うことで今年最後の訪問です。
良いお年を御迎えくださいm(__)m
by yubeshi (2007-12-30 12:50) 

華龍

☆ゆべち~~ん
最近訪問できてなくってごめんな~。
又、来年もよろぴくぅ~~( ̄. ̄)ノ”
by 華龍 (2007-12-31 23:04) 

nicolas

華龍ちゃん あけおめでーす♪
ことしもユルユルよろしゅうにね♡
by nicolas (2008-01-01 17:10) 

華龍

☆にこちゅあ~ん
あけましておめでとーーー♪
中々訪問できなくってすんまそん...... ( 〃..)ノ ハンセイ
今年もよろしくで~っす( ̄. ̄)ノ”
by 華龍 (2008-01-02 23:59) 

十六薙夜血

里見八件伝は、大好きです。毛野の自由奔放な飄々としたところが素敵でしたね。毛野は、鎧伝サムライトルーパーの羽柴当麻やデモンブライドの天羽零彗とも似ているなあとおもいます
by 十六薙夜血 (2013-05-26 18:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。